'."\n";?> かみのやま競馬

かみのやま競馬

上山競馬場(かみのやまけいばじょう)とは

上山競馬場(かみのやまけいばじょう、Kaminoyama Race Course)は、今はすでに廃止された地方競馬の競馬場です。山形県上山市にありました。 競馬場の規模は、収容人員7,000人、指定席483席、右回りで1周ダート1050m、幅員は20mでした。

現在の上山市である南村山郡上山町には、かつて上山競馬倶楽部(または「南村山郡畜産組合」)という団体がありました。 上山競馬倶楽部は、同郡堀田村大字金瓶の土地を借用して競馬を行っていましたが、1935年に山形県畜産組合連合会に移管されてからは地方競馬規則に従う地方競馬として1938年まで競馬を開催しました。 そして、1939年に軍馬資源保護法が公布されると、1940年から1944年までの5年間、鍛錬馬競走を行いました。

戦後の1946年になると、戦前の国会議員で外務省参与官を勤め、後に初代上山市長となる高橋熊次郎氏を会長とする上山競馬倶楽部が結成されました。 この上山競馬倶楽部は、戦前のものと同じ名前ですが組織は別のものです。 市のトップが会長を勤める「市内の名士」による組織でしたが、その実態は競馬は地方競馬法などに拠らない闇競馬で、進駐軍の後押しがあったと言われていますので進駐軍競馬に類するといってよいでしょう。 倶楽部はスタンドを改築して、1周800mだった馬場を1000mに拡張するなど、戦後の混乱期にもかかわらず積極的な投機を行いました。

その後、1948年の新競馬法により公営競馬に引き継がれて山形県営で開催されました。 しかし、1956年に豪雨により上山市が災害被害を受けたことをきっかけに、特例によって、市が競馬の開催権を得たことにより同年と翌1957年は県との共催で開催しました。 さらに1957年には、現在の金瓶地区が上山市に合併されて競馬場設置市としての開催権を得たことに伴い、1958年からは市営による単独開催を行ってきましたが、全国的な地方競馬の衰退により2003年に廃止されました。

なお、競馬場跡地は現在も上山市が所有して、南関東公営競馬などの場外馬券売場として使用されています。

歴史

1956年に上山市を襲った豪雨被害額は、総額3億2千万円にも達しました。 このため、災害復興を支援するため、県営の競馬から市営の競馬へと権利が移り1958年から市単独事業として開催されることになりました。 上山競馬場によって上山市の財政は潤い、特にバブル景気の1980年代には最盛期を迎えています。

しかし、1990年代のバブル崩壊後は、上山競馬場を運営してきた山形県上山市の財政状況は切迫した状況にあるにもかかわらず、競馬場の赤字がさらに市の財政運営を圧迫し、競馬の存続をすることが困難な状況になった。 これによって規模を縮小して開催するも全国的な地方競馬の衰退も相まって最後には耐え切れず、2003年11月を持って廃止されました。

現在はスタンドをそのまま活用して「ニュートラックかみのやま」として、岩手県競馬(盛岡・水沢の2競馬場)、並びに南関東4競馬(浦和・船橋・大井・川崎の4競馬場)の場外勝馬投票券発売所として利用されています。 なお、上山競馬に関連する場外としては山形県酒田市のニュートラック松山や福島県飯舘村のニュートラックいいたてがあります。 両方とも施設所有者は上山市であり、各競馬主催者に施設を貸し出す形で競馬の場外発売が行われています。

特徴

日本で初めて個人協賛競走を実施しました。 これは、個人1万円、団体・法人3万円を支払えば、競走名の冠をつけることが可能となる制度です。
かつて、金寿賞(サラ系)、銀寿賞(アラ系)という10歳馬限定戦の特別競走を年末に行っていました。 上山競馬は、競走馬に10歳定年制を敷いていたため、年末の最終開催に行われる10歳馬限定戦は、出走全馬の引退レースにもなっていました。

所在地・アクセス

山形県上山市金瓶字湯坂山20−1
JR茂吉記念館前駅より徒歩10分
JRかみのやま温泉駅よりバス10分、バス停「茂吉記念館前」より徒歩5分

主な競走

さくらんぼ記念
上山競馬場で唯一のダートグレード競走(GIII)です。地元ではセタノキングが唯一の優勝馬です。

山形記念樹氷賞
上山競馬場の有馬記念相当の競走です。上山競馬場最後の競走でもありました。

日本海記念
アングロアラブ系最大の競走です。8月に行われていました。

北日本オークス
地方競馬北日本地区のサラブレッド系旧4歳牝馬(当時)を集めて行われましたが、1996年に廃止されました。

東北サラブレッド大賞典
岩手競馬、上山競馬場、新潟県競馬の3主催者による持ち回り競走。しかし、新潟県競馬・上山競馬場の廃止により消滅しました。東北地区最強馬決定戦でした。

東北アラブチャンピオン
東北サラブレッド大賞典のアングロアラブ系版で、2000年に廃止されました。

東北優駿
東北サラブレッド大賞典のサラブレッド系3歳馬版。新潟開催時は東北ダービーの名称で行われました。

主な所属馬・出身馬

レオグリングリン
アングロアラブ。52戦31勝と息の長い活躍を見せました。全日本アラブ大賞典も2着でゴール。種牡馬としてもマリンレオ、スーパーベルガーなどを輩出しました。

カガリスキー
旧4歳牝馬(当時)ながら樹氷賞を優勝しました。北日本オークス、東北優駿も優勝し、産駒のカガリボーイも上山で活躍しました。

セタノキング
中央競馬からの移籍馬でしたが、10歳でさくらんぼ記念を勝つという快挙を成し遂げました。

ダイコウガルダン
主に南関東公営競馬で活躍しましたが、上山所属時も北日本マイルチャンピオンシップ南部杯を圧勝していました。

コーナンルビー
純血アラブ種高砂の末裔であるサラブレッド系種。上山出身で南関東の帝王賞を優勝した「女帝」です。

ジーナフォンテン
上山出身の南関東の牝馬。エンプレス杯優勝など息の長い活躍をしました。

ミツアキタービン
上山出身。笠松競馬場所属でダイオライト記念などで勝ちました。

ツインターボ
中央競馬からの移籍です。上山競馬では1勝しかできませんでしたが、中央競馬にいたため人気者でした。

かみのやま競馬場 menu

かみのやま競馬場 わたし日記

競馬に行こう!と思い、競馬のことを勉強しました。当日の足を探したんですが、誰も都合がつかないので、車 メンテナンスして自分で運転することになったんですよ。たまには、ドライブもいいかな^^

とりあえず、新聞見ながら馬券買ってみました。え、コレってビギナーズラック?1日で5万円ほどいただきましたよ〜〜♪まだレースはありましたけど、ここらで休戦。